« 新しい織人仲間 | トップページ | お祭当日 »

2005年11月 3日 (木)

小祭巡視

青少年補導員として

 IMG_0154 11月3日(木)は、呉市内の多くの地区で小祭が行われます。2日は宵宮で、多くの地域の人たちが子供達も含めお参りをするので、宵の7時から神社やその周辺の巡視を行いました。

 宮原地区で祭の行われる、3つの神社を巡ります。先ず、伊勢名神社の上り口に集まります。急な階段を登り神社の境内に着くと、婦人部の方たちが甘酒を振舞って下さいます。濃い甘酒を頂きほろ酔い加減。

 yoimiya_59 お参りを済ませて、次は八咫烏(やたがらす)神社。かなりの道程ですが、すれ違う人たちに挨拶をすると、黄色い青少年補導員の腕章をつけている私たちに、「ご苦労さん」の声が返り、元気が出ます。

 八咫烏神社鳥居前には、屋台も何軒か出ており、懐かしい雰囲気。鳥居から境内までは、219段もの石段が続きます。境内でここを担当するメンバーと合流。

 社殿の前にはヤブが6~7人おり、両サイドの狛犬の外側では焚き火が焚かれ、太鼓と笛で奏でられる祭囃子は、お腹に響きます。くじを買う行列もできていて、かなりの人出。

  この神社だけを巡視するメンバーと別れ、次は赤崎神社へ向かいます。普段なら怖い夜道ですが、三々五々お参りをする人たちと出会い、グループでの行動なのでウォーキング気分。子供達に出会っても、まだ「早く帰りなさい」とはいえず、「気をつけてね」と声掛け。yoimiya_62

 赤崎神社前で、ここのメンバーと合流。参道の登り口には屋台も出ており、子供達もたくさん来ています。境内では、社殿の向かいにある舞台でカラオケ大会が行われており、観客もいっぱい。 

 これは、もう少し遅い時間のほうが効果があるのではないかと感じてしまいました。ただ、補導員の巡視が行われているということを眼にした人にとっては、非行・犯罪に及ぶ前に、心理的ブレーキにはなるだろうと期待しつつ、帰路につきました。出会う子どもごとに、「気をつけてね」と声を掛けながら。帰宅すると9時前でした。

 こちらからぜひ画像もご覧下さい。

|

« 新しい織人仲間 | トップページ | お祭当日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新しい織人仲間 | トップページ | お祭当日 »