« 寒さも吹き飛ぶこの元気 | トップページ | ボランティア初め »

2006年1月 7日 (土)

富士きんとん

お菓子作り

yamaimo02  明日はもう1月7日。明日と思ったらもう今日でした。今年初めてのサロン準備会の日です。お茶うけにと、きんとんを作りましたので、ご覧下さい。

 富士きんとん作り方(グラフ社:正月料理より)

材料: 大和いも600g、焼ミョウバン小さじ2、塩小さじ1/3、砂糖1/2~2/3カップ、抹茶小さじ2強

作り方: (1)大和いもは皮をむいて3~4つに切り、焼ミョウバン小さじ1kinton02 を加えた水に半日くらいつけてアク抜きをします。 (2)鍋に被るほどの水と大和いも、残りの焼ミョウバンを入れて火にかけ、煮立って泡が出てきたら水を取り替え、楊子が通るくらいまで軟らかく煮ます。 (3)ゆで汁を捨てて水分を蒸発させ、すぐ裏ごしにかけます。 (4)こしたいもを鍋に入れて塩と砂糖を2回くらいに分けて加え、すっかり水分を蒸発させます。 (5)これを1/4と3/4に分け、3/4のほうに、抹茶に同量の砂糖を混ぜたものをフォークで混ぜながら加えていきます。 (6)いずれもナイフで10等分の切れ目をいれ、それぞれを団子のように丸めます。固く絞った濡れ布巾に緑色の団子をのせて中央をくぼませ、上に白い方をのせて布巾で絞ります。

kinton05_6_4 私は大和いもをまるまる1本使って、これだけ作りました。2個は、お味見しました。(4)の水分を蒸発させるのに意外と時間がかかります。弱火で常にかき混ぜていないと焦げ付いてしまいます。でもなかなかうまく出来たと満足。メンバーのみんなにも喜んでもらえるといいな。

  

|

« 寒さも吹き飛ぶこの元気 | トップページ | ボランティア初め »

コメント

ととろさん、絶対一度おためしください。おいしいですよ。

投稿: みやこわすれ | 2006年1月16日 (月) 10時39分

丁度自然薯があったから作ってみようと思ったけど、夫サンが『折角の自然薯はやっぱり麦とろが一番!』と。
結局はまだ試作していません。そのうちにと思ってレシピいただきました。
うちの町内のひまわりさんに話したら
興味持ったので、いつか真似っこするかもしれません。

投稿: ととろ | 2006年1月14日 (土) 14時01分

mituruさん、どうもありがとうございます。メンバーみんなに喜んでもらえましたよ。みんなで楽しくいただきました。

投稿: みやこわすれ | 2006年1月 8日 (日) 11時46分

みやこわすれさん、きっとみんな喜ぶと思いますよ。
とっても美味しそうだし愛情篭ってるのが良く判ります(*~=~*)/

投稿: 伊豆のmituru | 2006年1月 7日 (土) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寒さも吹き飛ぶこの元気 | トップページ | ボランティア初め »