« 『ちょっとお出かけ絵本会』 | トップページ | 嬉しい出会い »

2006年1月26日 (木)

今日はサロン

1月のサロン(この記事をより楽しんで頂くための画像はこちら)

6_1_sa03  早いもので、今年ももう26日目、今日は1月のすこやかサロン『新年会』の日です。寒い時期なので、集まっていただけるかどうか心配しましたが、初めての方のお顔も見え、18名の参加でまずまずのスタートです。始めに、先日亡くなられた故・中川澄子代表のご冥福を祈って全員で黙祷を捧げてから、プログラムに入りました。

 メインは百人一首と坊主めくりです。昔「かるたクイーン」だった水野美奈子さんが、毎回少しずつ上の句の出だしの言葉で取れる札の解説をして下さいます。でも、先回(去年の新年会)習ったことはすっかり忘れていて、毎回初めてと変わらない私です。

 私は、写真を撮ることをすっかり忘れて、夢中になってしまいました。若い頃やっておられた年代の方たちはさすがで、上の句が終わらない内に札がなくなってしまうことも度々。とても太刀打ちできません。

 でも、年配の方たちが昔取った杵柄を発揮し、真剣に札を見つめ、札を取れたときの明るい表情などを見ていると、まさにこういう楽しさを味わって頂けることが、サロンでやりたかったこと、やるべきことだと、満足感も感じます。中川さんも天国から「うんうん、よくやってるね」と、笑顔で見て下さっているでしょうか。

 ひとしきり遊んだ後は、おやつの時間。山下さんが早朝から餅をつき、ぜんざいを炊いて下さったのです。三宅さんが差し入れて下さったあんず酒で、中川さんを偲びながら献杯をして、美味しいぜんざいを頂きました。

 紙芝居は、貧しいおじいさんおばあさんが、自分の内に住み付いているねずみのためにお餅をついてやる『ちゅうちゅうハッケヨイ』。菅原さんが、ぜんざいのお餅にちなんで選んで下さいました。みんなで声を上げて笑ってしまう、楽しくてホンワカとしたお話でした。

 今年第1回目のサロンも無事終了です。

 

|

« 『ちょっとお出かけ絵本会』 | トップページ | 嬉しい出会い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 『ちょっとお出かけ絵本会』 | トップページ | 嬉しい出会い »