« 竹取物語 | トップページ | 安い!1時間600円 »

2006年8月25日 (金)

水でっぽう

06_8salon14_1  8月サロンは水でっぽう作り。子ども会19名の内14名が参加してくれ、全体では45名。

  講師をお願いした中嶋俊明さんが何度も試作し、芯棒のキットや、マニュアルまで作って下さっていた。

 子どもたちに使い方を体験してほしい工具は、ノコギリ、キリ、かなづち、ナイフ、サンドペーパー。

06_8salon11  中嶋さんを中心に、お手伝いをお願いした為成さん、市社協から来て下さった実習生の3名と引率者の岡田さんが、子どもたちに付っきりで、工具の使い方を指導して下さる。

 ノコギリやキリの使い方は、どの子もすぐにコツを掴んだ様子で、1年生の子どももがんばって竹を切り、キリを使って穴を開けた。

06_8salon18  ナイフの使い方を見ているとハラハラさせられたが怪我もなく、どの子も2時間で自分の水でっぽうを作り上げた。

 水を飛ばしてみて、芯棒に巻いた布の量を調整。この工程で、何人もの子が水浸しになってしまう。私もシャツの胸にしっかり水をかぶってしまった。それもまた楽しい。

 大人の参加者も、それぞれ自分の水でっぽうを作ることができた。

最後におやつを頂きながら紙芝居を見てお開き。

 子どもたちが人生の大先輩である高齢者から学び、高齢者も元気いっぱいの子どもたちと一緒で、童心に帰り、なんだか若返ったようなさわやかな達成感を感じることができ、手前味噌ながら満点のサロンであった。

 

|

« 竹取物語 | トップページ | 安い!1時間600円 »

コメント

ととろさん、嬉しいコメントをありがとうございます。
子どもたちにはこれからも生活用具を使いこなす力や、自分で工夫して物を作り出す力を身に付けていって欲しいです。

投稿: みやこわすれ | 2006年8月27日 (日) 17時45分

みやこわすれサン、8月のサロン「水でっぽう】作り、時期も丁度いいし、素晴らしいアイデアでしたね。
 子供達にナイフは持たせない、怪我をするから~と過保護にするのはおかしいと私は
思っています。きちんと使えるように。ちゃんと用心するようにと教えるのが本当ですよ。

子供達も頑張ったし、先生もみなさんも!
よかったですね!
 子供の数はうちより少し多いけど、
やはり何処も少子化。私が娘達が子供の時に
育成会やっていた時は、
50名程の子供の数でしたが。

投稿: ととろ | 2006年8月27日 (日) 13時33分

やよいさん、ごらん頂きありがとうございます。

投稿: みやこわすれ | 2006年8月25日 (金) 21時40分

こんばんは、楽しそうですね。
水鉄砲、子供のときによく遊びました。

投稿: やよい | 2006年8月25日 (金) 20時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 竹取物語 | トップページ | 安い!1時間600円 »