« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月26日 (木)

イントネイションが面白い

英語も広島訛

Sunflowerframe  私は生粋の広島人です。広島訛の特徴の一つに、三音節以上の語だと最後から二番目の音節に強勢が置かれ、それまで低かった音程が一気に上がり、最後の音節は弱くて音程もぐっと低くなる傾向があります。

 私の町『かんばらちょう(神原町)』は、『かん』『ば』『ら』『ちょう』と、四音節です。三音節目の『ら』で、極端に音程が上がり強く、最終音節の『ちょう』は、極端に低い音程で発音されます。

 同様に、『ありがとう』の『が』、『すみません』の『せ』、『ごめんなさい』の『さ』、『さよなら』の『な』なども、強く高い音程で発音されるのです。

 このことに気付いたのは、昔英会話教室に通い始めた頃、広島育ちの級友の英語と、他の地方から来た級友の英語が、何となく異なって聞こえることを突き詰めて考えた結果でした。広島人の私たちは、英語もやや広島訛のイントネーションで話しているのです。

 また、英語では長母音や二重母音であっても一音節は同じ音程で音を伸ばすのが普通だけど、日本語は全般に強制のある音節が長母音か二重母音を含む場合、その音節内で滑るように音程を下げます。その下げ方が広島訛では一段と顕著になるのです。

 だから、テレビなどで英語をしゃべっている日本人出演者の、『コンピュータ』の『ピュー』や、『インフォメイション』の『メイ』が滑るように大きく下がるのを聞くと、『同郷人かもしれない』と、急に親しみを感じたりするのです。

 英語を勉強している皆さんは、こんなことにも着目してみると、もっと英語が楽しくなるかも。

| | コメント (7)

2007年7月 1日 (日)

邪魔になる描画キャンバス消しちゃいましょ!  

初期(デフォルト)設定の変更

 アプリケーションソフトの初期設定は、システム開発者によって、その項目で一番標準的と思われる値が設定されているので、個々のユーザーにとっては好ましくない場合もありますね。

 メーラーなどは、色々設定を変えたり新しいメールルールを作ったりしていますが、ワードの初期設定はほとんど変えずに使っていました。

Blog_a_1  そのワードで、オートシェイプやテキストボックスを挿入しようとすると現れる描画キャンバス。何時も「邪魔になるなあ」と思いながら放置していました。、皆さんはどうしていらっしゃるでしょうか?

 7月の講座で使用するワードのテキスト作成中のことです。今回はその中に初期設定の変更も盛り込みました。ついでに自分のパソコンにも快適さをと、この描画キャンバスが表示されないよう、やっと設定変更しました。快適です。もっと早く変更すればよかったと思っています。

 設定変更の手順 (画像をクリックで拡大してご確認下さい。)

Blog_b 1.[メニューバー]の[ツール]→[オプション]を順次クリックします。

2.表示された[オプションダイアログボックス]の、全般タプをクリックします。

3.真ん中よりやや下の辺りの、「オートシェイプの挿入時、自動的に新しい描画キャンバスを作成する」という項目のチェックを外します。

4.これで[OK]をクリックすると、終了です。

| | コメント (4)

かんたん折り紙

だるまさん

 6月のサロンで行った折り紙、だるまさん、とてもかんたんなので、ぜひ皆さんお試し下さい。正方形の色紙を使います。

Daruma_1Daruma_2_1

 先ず、色紙を画像のように三角に折って、折り線をつけます。

折り線が縦になるように いったん広げて、画像のように両サイドを中央の折線の上で突合せにします。そのとき、底の部分は1cmくらい裏面が見えるように開けてたたみます。Daruma_3Daruma_4
 上の部分の両端を、画像(左)のように内側に折りたたみます。上は角に合わせ、下は2cmの折幅にします。

 上の尖っている部分を、画像(右)のように、下に3cmくらい折ります。このとき、尖っている先を、最初につけた縦の折り線に合わせます。
Daruma_5Daruma_6  いったん広げて、画像(左)のように、今付けた3cmの折り線のところに尖っている先が合うように折ります。折り幅は1.5cmほどになります。

 画像(右)のように、 更に半分に折りたたみます。折り幅は7~8mmほどになります。

Daruma_7_1

Daruma_8 上下を、画像(左)のように折ります。つまり、上は更にもう一度折り下げます。下の部分を折り上げると、ほぼだるまの形ができます。

 底辺に丸みを持たせるため、下の角の部分を適当に裏側へ折り返します。

 これで折る作業は終了です。後は顔を描き込めば出来上がりです。簡単でしょ!

 サロンでは、皆さんの描かれただるまさんの表情にそれぞれ個性があって、とても楽しく見比べました。笹飾りに使いましたので、おなかの部分には皆さんの夢や願い事を書いていただきました。

 七夕本番はこれから。笹飾りを計画されている方は、ぜひこのだるまさんの折り紙も加えてみてください。

| | コメント (2)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »