« サロンのあり方 | トップページ | びっくり箱の作り方 »

2007年8月24日 (金)

子ども会もお誘いして

 8月のすこやかサロン神原(’07.8.23)

 言ってみたところで涼しくなるわけではないのだけれど、誰かに会う度に言ってしまう「暑いですねェ」。そんな猛暑の中『すこやかサロン』を開催しました。夏休み中の子ども会さんをお誘いして、一緒に工作をすることに。

078salon02  作るのは牛乳パック(1000mlの紙パックなら何でも)2個を使ってのびっくり箱。準備会のメンバーには、参加者への指導を全員ができるよう、作り方のコピーを配布して前もって試作しておくことをお願いしました。小学生にも無理なくできる作り方の工夫と作業手順を得るため、何度か試作してみました。子ども会からは、参加希望者12名の名簿も届きました。

 市社協からの依頼である、福祉系大学生7名の実習受け入れも承諾していたので、結局ふたを開けてみると34名でのサロンです。

078salon06  いつもメインプログラムの前に行っている、「健康くれ体操」「手話の歌」「誕生会」「笑いましょう」を、子ども達も実習生たちも元気に行いました。狭い会場で伸ばした手と手が触れ合ったりすることで、初対面の実習生たちともすっかりなじみ、心のウォーミングアップも整い、いよいよ工作です。

078salon08  実習生にテーブルを挟んで子ども達と向かい合って座ってもらい、一緒に作業を進めて頂きました。お兄さんお姉さんとの共同作業はとても和やかに進み、お陰で、どの子も自分のびっくり箱を仕上げることができました。高齢者の方も、それぞれ自分の作品を大切そうにパックに納めることができました。

Jack_202trim  次にびっくり箱の作り方を記しますが、スプリングの先には、カエル、うさぎなどの顔の絵を貼り付けてみました。ロボットや妖怪ふうなオリジナルな顔を描いた子どももいました。、輪ゴムを利用したスプリングはとてもよく弾み、ふたを開けるとビューンと勢いよく飛び出します。

 終了後、実習生の皆さんとの交流会を行いましたが、学生さん達はとてもまじめで、沢山の質問と、貴重な提案もいただきました。収穫の多い異世代交流のサロンでした。

|

« サロンのあり方 | トップページ | びっくり箱の作り方 »

コメント

ととろさん、びっくり箱の工作、気に入って頂けて嬉しいです。
工作のアイディアはネットで見つけました。
まだまだ牛乳パックの利用法、複雑なものも沢山ありましたよ。
http://www.mc-club.com/make/craft.html

投稿: みやこわすれ | 2007年8月29日 (水) 03時44分

 習生のお姉さんたちと子供たち、それにすこやかのメンバーさんたち、良い構成での夏休み行事でしたね。

牛乳パックって・・色々なことが出来るものだと
感心します。【びっくり箱】いいですねえ。可愛いわあ!
早速このページ、印刷させてもらって、子ども会の役員さんたちに。いつかわが地区でも、真似させていただきます。感謝!

投稿: ととろ | 2007年8月26日 (日) 19時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« サロンのあり方 | トップページ | びっくり箱の作り方 »