« びっくり箱の作り方 | トップページ | 坂本龍馬記念館とよさこい祭り初体験 »

2007年8月27日 (月)

南国高知へ

 四国・土佐の高知へ(2007.8・11~14)その1 

 娘の夏休みを利用した母娘の夏休み旅行、『どこにいても所詮暑い夏ならば、思い切って南へ行きましょう』と、高知のよさこい祭り見物にでかけることに。最初1泊しか取れなかった市内のホテルも、娘が毎日ネットでキャンセル空きをチェックしてくれたお陰で、3泊続けて取れました。ホエイルウワッチングも予約し、直前にあわただしく立てた計画としては上出来。

  呉ー西条ICー山陽自動車道ー瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)ー坂出ICと走り、四国へ。

078kouchi9

078kouchi7

 一般道・高速ともに心配した渋滞もなくスムースに流れます。瀬戸大橋は娘も私も初めてです。ゆったりとこんな景色のなか、どこかよその国を走っているような錯覚も起きます。途中橋がカーブしている場所で、自動車道の下の鉄道を走って来る電車と交差するのが見えました。瀬戸大橋ならではの光景です。

  坂出で一般道へ降り、プランの一つ、丸亀市内のうどん店へ。早朝5時45分に出発したけど、朝食は食べていなかったので、とても楽しみ。 

078kouchihidemi06udon078kouchi10retu 映画『UDON』 で全国的人気となった讃岐うどん、以来【讃岐うどんの食べ歩き】ブームは続いているようです。食べ歩きをするつもりはないので、1店だけ、少し田舎っぽい(場所も店構えも)セルフサービスの店、

“なかむらうどん店”を選びました。

 うどん店についた時点で9時を回ったところでした。驚いたことにもう駐車場がいっぱいでしばらく待ってやっと駐車、それから行列で又しばらく待つはめに。釜揚げうどんを水で しめたものに「特製だし醤油(つけだし)」をかけていただきます。浅めの丼にめんを入れてもらったら、薬味と天ぷらを自分で好きなだけ取ります。ナスやかき揚げなど実に様々な野菜中心の天ぷらに感動。

078kouchihidemi08udon078kouchi23fuji2  レジで代金を払うと、各自クーラーの効いた食堂(狭い)か、屋外のベンチ、へ移動して食べるのです。立ち食いの人もいます。食事というのは、こんなに押し合いへし合いせず、ゆったりとテーブルについて食べる方が落ち着いて味わえるというのが、私の中の常識だったのですが、ブームとは不思議な力を持っているものです。全国各地からやってきた人達に紛れ、30分も行列した挙句、狭い食堂の硬いいすに座って、肘をすぼめながら食べているこの状況そのものがとても楽しいのです。麺は手打ちでちょっと太め、腰のある歯ごたえで、特製だし醤油も美味しくて、この独特の食べ方をとても好きになりました。

 店から出て県道に乗ったところで、『讃岐富士』と呼ばれる飯野山がとてもきれいに見えます。角度によって形が少しづつ変りますが、多分この角度が一番美しいのでしょう。こんな山を毎日見ていれば少しは視力も快復するかも、と頭の隅でチラリ。

   078kouchi28078kouchi27

 次に善通寺を参拝することに。ここは、弘法大師が誕生の地に自ら建立したお寺として、また四国八十八ヶ所霊場の第七十七番札所として知られる所で、正式名称は“弘法大師御誕生総本山善通寺”というのだそうです。

078kouchi24hidemi_2  境内はとても広いのですが、歩いていると先ほどうどん店で一緒に行列を作っていた家族と出会いjました。お互い「好い旅を!」「好い一日を!」などと挨拶をして別れました。参門を潜ってすぐ左手に『お砂踏み道場』という標識がありました。ここは『四国八十八ヶ所お砂踏み』を行うところです。八十八ヶ所各霊場のご本尊がお祀りしてあり、それぞれのお寺の境内の砂が正面に敷かれているので、それを踏みながらお参りすると、八十八ヶ所すべてにお参りしたのと同じご利益が得られるというのです。信仰心の希薄な私、八十八ヶ所遍路なんて生涯行わないだろうと思い、「この際!」と早速500円を5円玉に替えてもらい(これはお賽銭用にちゃんと用意してあるのです)、一番札所から順に砂を踏みながら礼拝して回りました。ご利益を期待したわけではなく、信仰心からでもなく、ただイベントとして行ったのですが、すべてを回り終えたときなんだか爽やかな満足感がありました。

 さあ、いよいよ四国山脈を横断して一路高知へと向かいます。空気が澄み切っていて、車窓の外を流れる景色がとても鮮やかに見えます。陽光は容赦なくフロントグラス越しに膝に突き刺さるようです。もしや、この明度と気温の高さが景色をより鮮明に見せているのでしょうか。松枯れもほとんど見られず、青々と健康な山々に、何度となく「きれいだね~。」を繰り返す私たちでした。ここでも渋滞には遭遇せず、プランよりかなり早く高知に着きました。高知での4日間がスタートです。

|

« びっくり箱の作り方 | トップページ | 坂本龍馬記念館とよさこい祭り初体験 »

コメント

kasumiさん、おいで頂きありがとうございます。
晩年、弘法大師の名を拝した空海、母は信心深い人で、
無条件に(私がそう思うだけで本当は深い信仰の上だったかも)崇拝してました。
不肖の娘はお大師様はおろか、仏教をよく分からないまま母の死んだ年を越えてしまいました。十住心論など勉強してみると面白いのでしょうねぇ。

投稿: みやこわすれ | 2007年8月31日 (金) 20時45分

まずはBrige Over Torabled Water という感じで、イザ高知へ!ですね。(笑)
こんばんは。
お嬢さんと一緒の時間の共有、よかったですね。

家のオジさん(亭主殿)の実家の菩提寺にも「四国八十八ヶ所お砂踏み」と同じような意味合いで、弘法大師の像の周りに敷石が敷いてあって、それをぐるりと踏んで回ると、同じようなご利益があるとか。
久しぶりに行ってみようかな。来月お彼岸だしね。

空海という人は面白い人ですよね。
私は無神論者ですが、真言密教は好きな教えです。
「全ては菩薩の位なり」でしたっけ???
確かそんな教えというか趣旨というかが好きなんです。


投稿: kasumi | 2007年8月30日 (木) 23時28分

ととろさん、よくおいでくださいました。
楽しみにしていて下さってありがとうございます。
>「冷凍の”カト吉”の讃岐うどんは、地元のに近い」
初耳です、試してみなくては。
私は愛媛県には度々行っているのですが、高知県は初めてでした。楽しい旅行でした。

投稿: みやこわすれ | 2007年8月30日 (木) 17時23分

追伸  讃岐うどんが大好きになった私、四国に行くと必ず。地元の方から「冷凍の”カト吉”の讃岐うどんは、地元のに近い」と教えてもらいました。

投稿: ととろ | 2007年8月30日 (木) 06時34分

 お嬢さんとの【夏の旅】早速第一弾拝見。楽しみにしてたんですよ。私は広島市に6年間住んでいたので、四国各県へも何度か。リタイヤ後も訪れました。
 「UDON」も見ましたよ。このうどん屋さん、博多の屋台を思わせるような・・楽しくて美味しい。
【讃岐富士】も【善通寺】も懐かしいわあ!
 文章もお上手で読みやすく、第2弾もとっても楽しみです。良い旅になるなあ、そんな予感がします。
 

投稿: ととろ | 2007年8月30日 (木) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« びっくり箱の作り方 | トップページ | 坂本龍馬記念館とよさこい祭り初体験 »