« あなたの『虎の子』だいじょうぶ? | トップページ | 裁判員制度説明会に参加して »

2007年10月 5日 (金)

看護学生さんとの交流

“老年看護学概論”体験学習への協力(2006.10.1)
      (画像はクリックで拡大表示できます。)

0710kangomask  若さ、意欲、元気、笑顔、優しさ、これらのいっぱいに溢れた看護学生さんとの交流会に参加させていただきました。

 ちょっと長いタイトルですが、「独立行政法人国立病院機構呉医療センター付属呉看護学校学生の“老年看護学概論”体験学習への協力」のための交流会で、私たちシルバー人材センター会員(1日24名×2日間)が参加しました。

 呉医療センター(旧名:国立呉病院)は、受診やお見舞いなどで馴染みなのですが、同じ敷地内にあっても、「看護学校」へは初めての訪問なので、集合時間よりもやや早めに出かけました。

 学校に近づくと、すれ違う学生さんたちが、笑顔で「こんにちわ!」「いらっしゃい!」などと声を掛けて下さるのです。気持ちをモヤモヤと霞ませていた不安も一気にどこへやら。初めての場所で笑顔とあいさつに出会うことは、大きな安心につながるものです。ここは、よい教育をしてるところだな、と初めての交流会への期待が膨らみます。

0710kango5 交流会は午後1時から始まるのですが、12時集合で、学校側の用意して下さった昼食を頂きました。散らし寿司、きつねうどん、切り干し大根の煮付け、プラスデザートには羊羹、高齢者向けメニューの心遣いも嬉しく、美味しく頂きました。

 交流会は体育館で行われました。まず、学校、シルバー人材センター 双方のあいさつと概要説明があり、2グループに分かれてのレクリエーションと話し合いです。

0710kango10  学生さんたちが時間を掛けて準備して下さったレクリエーションは、軽い運動とゲーム、歌などを取り入れたもので、終始歓声と笑い声と笑顔の飛び交う楽しい時間でした。

 次に、学生3名シルバー1名の小グループでの話し合いです。学生さんたちが高齢者と交流することで学び取りたいことは何だろうと、前もって老年看護学についてネット検索し、概要を掴んでいる積りでした。話題にも心積りがありました。 

0710kango11  でも実際に向き合ってみると、そんな心積りはどこへやら、孫といっても可笑しくない年代の若人達と膝突き合わせて語れる楽しさに、自由気ままに話題は飛んでいきます。少々教訓じみた話し方をしてしまったかな、と反省もしていますが、そんな私の話を興味を持って一生懸命に聞いて下さった学生さん達の思いやりに感謝しています。

 こんな生き方をしてきた、そして今こんなふうに暮らしている高齢者もあるのだ、という一つの高齢者モデルである私の一部を見て頂いたということにはなるよねと、納得することに。

 高齢化が急速に進行する中、老年看護の必要性は、拡大しつつあります。老年看護実施の場は、これからもますます病院、施設、地域の中で、在宅でと様々な場所に広がっていくことは確実です。 それを受ける年代の私であるからこそ、看護師を目指していらっしゃる学生さんたちの織り上げる、勉強という織布のほんの一筋の繊維にでもなれたのなら、嬉しいことです。

|

« あなたの『虎の子』だいじょうぶ? | トップページ | 裁判員制度説明会に参加して »

コメント

かおるさん、早速おいでいただきありがとうございます。
先日はお互いお疲れ様でした。
どうぞ、使ってください。
出来上がるの楽しみにしておりますよ。

投稿: みやこわすれ | 2007年10月 7日 (日) 19時39分

先日はお疲れ様でした
このプログ内容と写真 今作成中のシルバーHPで使わせてくださいね。
HPいつ完成するか分らないけれど、素材だけは確保しておかないとね

投稿: かおる | 2007年10月 7日 (日) 18時30分

ととろさん、ありがとうございます。
看護師の活躍の場は急激に広がっていて、2児の母だというがんばりやさんや、男子学生さんも10名ほどいらっしゃいましたよ。
未知の分野を垣間見ることの出来た新鮮な体験であり、とても意義深い異世代交流でした。

投稿: みやこわすれ | 2007年10月 6日 (土) 21時34分

みやこわすれサン、お早う!
>老年看護学概論”体験学習への協力
いい催しに参加できてよかったですね。

読みながら、大いに興味をそそられました。
こういう企画大宰府でもないのかしら・・・って思います。お互いに学ぶことの多い会だったようですね。
 

投稿: ととろ | 2007年10月 6日 (土) 07時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« あなたの『虎の子』だいじょうぶ? | トップページ | 裁判員制度説明会に参加して »