« すこやかサロン新年会 | トップページ | 手作りギョウザ »

2008年1月26日 (土)

西洋磁器絵付展

Img_0035_2Porcelain41 会場いっぱいに展示された作品の数々。これら磁器は、すべて一人の女性が絵付けしたもの。呉市美術館で開催中の『西洋磁器絵付展』を拝見しました。白磁の器(そのまま食器として使えるもの)に絵を描いて700度くらいで焼くのだそうです。Porcelain37
 ご本人のご了解を頂き、ポーセリンアーティスト・梅田八重子さんの作品展画像をアップします。撮影が下手で作品の美しさをそのままお伝えできないのが申し訳ないのですが、雰囲気は分かっていただけると思います。

Porcelain42

Porcelain36

 梅田さんは西洋磁器絵付を始めて13年ほど。地方では学べないので、東京に住んで長年の勉強を続けていらしたそうです。それ以前にパンフラワーなども勉強しておられるので、その頃からだと30年以上とおっしゃったかな。とにかく根気よく勉強と製作を継続していらしたことに感服です。

 ばらの花の絵が多いのですが、それぞれ違っていてそれぞれとても丁寧に描かれており、中にははっとするようなデザインのものもあります。一枚一枚ゆっくりと眺めていってもあきさせない何か惹きつけるものがあります。一筆一筆一人の手で描かれた花びらの一枚一枚に、気の遠くなるような長い地道な作業を継続させる努力を感じてしまうからでしょうか。

 瀬戸内の小さな町にも、掘り起こせばたくさんの力ある芸術家がいるのです。そして、同姓・女性の素晴らしい芸術家とその作品に出会えたこと、嬉しい体験でした。

|

« すこやかサロン新年会 | トップページ | 手作りギョウザ »

コメント

ととろさん、ありがとうございます。

>そんな方がボランテイアしてくださると素晴らしい結果が生まれます。

確かにそうですね。そういう方の掘り起こしと、出会いを大切にしたいと思います。
なかなか、ととろさんのように、ボランティアをお願いするところまでいかないのですが、すこしづつ、その方向に向かいたいと思っています。
何時も素晴らしいご助言を(ととろさんは何気なく書いてくださっているのかも知れませんが、私にとってはとても参考になる大切な言葉です。)ありがとうございます。

投稿: みやこわすれ | 2008年2月 1日 (金) 18時02分

みやこわすれサン、素敵な『西洋磁器絵付』拝見しました。真っ白なきらきら輝く磁器に、バラの絵など、実際に見るともっともっと綺麗でしょうね。夢がありますね。
 素晴らしい方がいらっしゃいますね。
ほんと、何処の地域にもそれぞれ一芸に秀でた方がおいでになります。地域の財産ですね。
そんな方がボランテイアしてくださると素晴らしい結果が生まれます。

投稿: ととろ | 2008年1月29日 (火) 20時22分

たかじんさん、ありがとうございます。
それ一番聞きたかったことです。明日カメラ持参します。ぜひ教えて下さい。
デジカメのテキストもいただきたいし。
とりあえず明日はよろしくお願いします。

投稿: みやこわすれ | 2008年1月28日 (月) 21時41分

みやこわすれ様
今晩は!呉市美術館での「西洋磁器絵付け展」に行かれたようですね。なかなかのものだったでしょう。いい物はやはりイイですねー。
処で、デジカメ教室の午前は3名の応募でした。よろしくネ!アップされた写真の撮影について一言!(貴女もデジカメ講師だから)フラッシュは発光禁止にして撮影しましょう。(白とびしてますよ)では、明日の研修会にて。

投稿: たかじん | 2008年1月28日 (月) 19時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« すこやかサロン新年会 | トップページ | 手作りギョウザ »