« 西洋磁器絵付展 | トップページ | 心に響くお話と歌声 »

2008年2月16日 (土)

手作りギョウザ

Photo  中国製冷凍ギョウザに農薬混入というショッキングな事件が、台所を預かる主婦の頭上に暗雲のごとくに重くのしかかったままです。

 昨年の世相を表す漢字は『偽(ギ・いつわる・にせ)』、不二家、白い恋人、ミートホープ、赤福等々食品表示偽装が次々発覚しましたね。食品のほかにも年金記録問題、防衛省の汚職問題、テレビ番組捏造問題など、庶民をだます『偽り』は、枚挙にいとまがないほどでした。

 「今年こそ『偽り』のない明るい世相を」そして「今年の漢字はポジティブに明るく」と願って迎えた新年も、やっと1ヶ月という1月末の事件発覚です。そして、今だに原因は解明されておりません。

 行政による徹底した安全対策や、企業のモラル・安全意識の徹底を即刻進めていただきたいのは当然ですが、消費者個人としては何ができるのでしょうか。

 冷凍ギョウザのような加工食品が私達消費者の手に届くには、いったい幾社の企業を経由してくるのか、そしてそれぞれの企業がどのような安全対策をとっているのか、私を含め多くの消費者は普段は余り深く考えることなく、「十分安全である」ことを前提に食卓に並べていると思います。例え気になっても、それぞれの加工食品について全行程をチェックすることは不可能で、信頼して買うより他ありません。

 半世紀前の食生活を思い起こしてみると、当然今日のようなバラエティーはなく、冷凍食品など全くありませんでした。ギョウザ、コロッケ、ハンバーグ、なんでも食材を買ってきて家庭で作っていました。食材の肉や野菜が汚染されていてはどうしようもありませんが、少なくとも、自分の手で選んだ食材を自分で洗ったり匂いをかいで見たりできるのですから、加工冷凍されたものより安全性のチェックは深まります。

 特にギョウザを包んだりコロッケをこねたりする作業は、工作のような楽しさもあり、子供に手伝ってもらったりするととてもよい母子のコミュニケーションチャンスにもなったものでした。材料や作り方を工夫し、我が家ならではのオリジナルなギョウザ・コロッケなどを作ることもできます。

 今回の事件の陰で、『ひと手間かけた家庭の味を作る習慣を取り戻してはいかが?』と私達にささやく声が聞こえるような気がします。たまにはお子さん、お孫さんと一緒に、あるいはご夫婦でギョウザを包んで見ませんか?

 

|

« 西洋磁器絵付展 | トップページ | 心に響くお話と歌声 »

コメント

mituruさん、ととろさん、早々とおいで頂き、率直なコメントを頂きどうもありがとうございます。
mituruさん、実は私が一番反省しているのですよ。ギョウザなんてもう十何年作っていないでしょう。時々食べているのは全部既製品。
ここ数年、我が家の冷凍庫には、弁当用に加工食品が何品か切らすことなく入っている状態です。
本当に料理は手抜きが普通になってきていました。
>日本は食料の90%を輸入に頼っている反面、荒れ果てた田畑が増えたり
ととろさんのおっしゃるように、国を挙げて反省しなければ、事態は変らないと思います。教育、産業、流通、…、すべての面で改革が必要ですね。

投稿: みやこわすれ | 2008年2月18日 (月) 10時11分

mituruさんもコメントなさっているように、
最近はいい加減なことが多く(政治面・社会面・教育面・家庭面などなど)本当に腹立たしくなることばかりです。
 みやこわすれサンのおっしゃるように、中国餃子はじめ中国食材の不安などから、
昔のように家でちゃんと色々なものを作るようにしないといけませんね。
餃子つくりなんて子ども達と楽しいおままごと感覚で作っていましたもの。
 便利になるということは、怖いことでもあります。
 日本は食料の90%を輸入に頼っている反面、荒れ果てた田畑が増えたり。小麦粉も輸入に殆ど頼っているから、
値上がりでパンやケーキすべてのものが高値になる。
日本でも麦は生産できます。農業や林業をもっと自国でやらねば!と。学校なども農業や漁業や
物作りなどの担い手を作るようなシステムに変えないと、ますます日本の将来は怖いことになると・・・思うけど。
政治家さん、どうして利権中心にしか動かないんでしょうねえ。

投稿: ととろ | 2008年2月17日 (日) 22時11分

夫婦二人になってからは餃子を手作りする事がなくなって、ネットで東京の餃子ミュージアムの物をお取り寄せしたり、眼科検診に行った時デパートで天々の餃子を買ってきたり、サボりっ放しでした~努力します^^;)>
今度の中国餃子の事件で考えさせられましたね。中国側はやはり非を認めず被害者だなどと云っている様だし日本のマスコミも一時は大騒ぎしてもいまやかこの事件になってますね。世の中ツクヅクいい加減なことが多く腹が立ちますね^^;)

投稿: mituru | 2008年2月17日 (日) 20時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 西洋磁器絵付展 | トップページ | 心に響くお話と歌声 »