« ブログ講座もっと続けたかった | トップページ | 新帆掛け舟を折り紙で »

2008年3月20日 (木)

フィルタリングソフト

Pansyheart  昨日は、春休みを前に補連協(青少年補導連絡協議会)の主催する『地域巡視と連絡会議』に出席しました。あいにくの雨で、巡視中もほとんど子供とは出会わず、私達の町では問題点は見つかりませんでした。

 今回の会議でのテーマのひとつは、『子供の携帯へのフィルタリング(有害サイトにアクセスすることを防ぐ装置)導入』、警察でも青少年指導センターでもこのことを勧めています。携帯電話はとても便利な反面、有害な情報や犯罪を助長する情報も氾濫しているインターネットに簡単にアクセスできる怖さもありますね。 特に判断の未熟な子供達にとっては携帯電話が元で犯罪に巻き込まれる恐れがあります(私の子供達が児童の頃には、こんな怖い問題はなかったなぁ…)。

 そこで導入を勧められているフィルタリングフィルタリングソフトは、情報を受け取る側がホームページの閲覧をコントロールするためのソフトウェアです。 フィルタリングソフトを使うと、情報を発信する人の表現の自由を奪うことなく、 情報を受け取る側にとって不適切なホームページの閲覧を拒否することができます。

 例えば、『爆弾の作り方』をインターネット上で発表しても、一緒に自殺する人を募ってもそれら自体は犯罪にはなりません(表現の自由)。また、出会い系サイトに関わる事件のうち携帯を介してが96%、被害者の内84%が18歳未満の児童(2004年)、という数値もあります。従ってフィルタリングソフトによってこのようなサイトを子供に見せないよう閲覧を拒否するのです。

 我が家に児童世代がいないので余り真剣に考えたことがなかったこの問題ですが、説明を聞いているうちに空恐ろしくなってしまいました。フィルタリングの申し込みは各携帯電話会社で、無料で受け付けてくれるそうです。児童をお持ちのご家庭では、是非とも子供さんの携帯にはフィルタリングソフトを導入して頂きたいと願います。

財団法人インターネット協会:有害情報やフィルタリングソフトに関する情報ページ

|

« ブログ講座もっと続けたかった | トップページ | 新帆掛け舟を折り紙で »

コメント

ととろさんのお孫さんたち、出かけるときは携帯を、と言う生活なのですね。上手く使えば本当に便利で役に立つツールですものね。お嬢さんご夫婦がソフト専門とは頼もしいですね。
お嬢さんたちの活動が見られるというサイトをご紹介下さりありがとうございます。
早速拝見しますよ。

投稿: みやこわすれ | 2008年3月22日 (土) 22時42分

みやこわすれサン、携帯と若年層・幼年層との関わりは一番問題ですね。
 先日横浜に行きましたら、孫二人(小3と小5女の子)携帯電話持たされていました。
塾とか子供だけで近くの公園で遊ぶ時とかには絶対必需品だそうです。
但し親たちがソフト専門なのでその点は詳しいし、ちゃんと設定して携帯に振り回されないようにしているようです。親御さん達がそういう知識をしっかり持つことが大事ですね。
子供達は好奇心も強いので。
 携帯とは関係ありありませんが
娘が学校のお母さん達とやっていることが
次のブログにあります。よろしかったら
ご笑覧下さい。
   http://ameblo.jp/mamapoke/

投稿: ととろ | 2008年3月22日 (土) 09時45分

reijiさん、よくおいでくださいました。
おっしゃるように、危険と知りつつも便利な道具として、まだまだ普及するであろうインターネット。行政も司法も産も危険性を軽減するための方策を早目々々に講じていただきたいです。
そして迷惑メール、みんな悩まされていますね。私も一時期ホームページでメルアドを表示していたことがあって、迷惑メールは多いです。日本語のメールだけでなく、アメリカからのメールも毎日50通くらいあります。

投稿: みやこわすれ | 2008年3月20日 (木) 23時38分

mituruさん、何事にも裏と表、プラスとマイナスがありますね。
息子さんもお仕事大変ですね。街を歩いていても携帯で仕事に違いないと思われるような会話をしているビジネスマンを良く見かけます。今はどこからでもいつでも電話できるので、社に帰ってから電話では、客の心はつかめないのですね。みんな大変なんですよね。

投稿: みやこわすれ | 2008年3月20日 (木) 23時26分

 確かにネット社会は危険がいっぱいですね。かといって、それを避けての生活はなかなかむづかしいのではと思います。危険と知りつつも便利な道具としてインターネットの利用はこれからも増えていくんだと思います。
 子どもの携帯やパソコンにはフィルタをかけておかなくてはいけないし、時々チェックも必要ではないでしょうか。
 予断になりますが私のメルアドにも毎日2-30件の迷惑メールがとどきます。プロバイダーにお願いして選別はしていただいておりますが、それでもかいくぐって送られてきます。現状ではこれらとうまく付き合っていくしかないような気がします。

投稿: reiji | 2008年3月20日 (木) 15時02分

便利な世の中も善し悪しですね。。
我が家にも子供はいませんが大きな子供・息子ですが携帯電話の料金があまりに高いので(嫁さんに聞きました)変なHサイト見てんじゃないでしょうね、なんて疑ってしまいました^^;)> 小さな会社なので携帯電話も支給されず個人用で結構顧客に連絡とる事が多いのだそうです。安心するやら(会社に)腹が立つやら。PCにしても携帯にしても見るのは自身の責任とは言え子供は興味が先にたつもの、フィルタリングソフトの活用。。孫が出来た時の為にメモメモ・・です。有難う(^^)

投稿: mituru | 2008年3月20日 (木) 13時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ブログ講座もっと続けたかった | トップページ | 新帆掛け舟を折り紙で »