2008年2月18日 (月)

心に響くお話と歌声

作曲家・演奏家 前川裕美さんのトーク&コンサート

Kagayaitekure001resize
 呉市・『世界人権宣言』呉実行委員会の主催する左図パンフのようなトーク&コンサートを聴きに行きました。

 講師前川裕美さんは網膜色素変性症で「盲導犬とともに歌付き講演会やコンサートを行っている音楽家」という前知識しかなかったのですが、「盲導犬と暮らすってどんなことだろう、」「盲目の人たちにとって、この社会はどのように写っているのだろう」と好奇心は高まっていましたので、期待しながら会場へ向かいました。

 Kagayaitekure002yumi08216con04 舞台に現れた前川裕美さんの印象はとってもしなやかな女性、優しい顔立ちにソフトな声、話し方もはっきりゆっくり、とても優しく、歌声もやわらかく透き通って心の奥まで入り込んでくるような感じでした。

 でも、その外に表れている優しさやわらかさの奥に、多くの困難にもめげずに夢に向かって進む努力を続けた意志の強さ、忍耐強さがあったからこその、今日の彼女であることに、心揺す振られました。

 残念ながら、講演中の撮影・録音は禁止されていたので、パンフレットの前川さんの写真の部分と、開演前の舞台の様子を載せます。

 徐々に視力を失って行く中、音楽家になる夢を諦めず、周囲の反対を押し切って単身アメリカ留学、そのアメリカで、彼女は目の不自由な人に対する健常者の態度が、日本とアメリカで大きく違うことを体験、積極的に社会に出て行く習慣を身に付けられたようです。

 日本では、白杖を持っていても、それに健常者が誤ってつまづいたり、たまには杖を蹴飛ばされたり、ということが多く、せっかく持って出た白杖をカバンに畳み込んであまり使わなかったそうです。何かにぶつかったり躓いて転んだりしたとき、周囲から『危ないと思ったのよ…。』と言うささやきが聞こえることがあるけれども、『危ないと思ったのなら、ぶつかる前に、転ぶ前に伝えて欲しい』と、彼女の切実なそして当然の訴えも聞き流せません。平気で点字ブロックの上で立ち話をしている人がいたり、点字ブロックが自転車やバイクの駐輪でふさがれていたり、日本での外出はとても危ないことが多いそうです。

 ところがアメリカでは白杖を持っていると、周りの人たちがとっても気をつかってくれ、さっと道を開けてくれたり、入り口のドアを開けて『左側を開けていますよ。』などと声を掛けてくれたり、交差点では信号を教えてくれたり『ぼくの肩に摑まりますか?』と言ってくれたり、とても外出が楽しくなったとおっしゃいました。 

 一人ではじめてボストン美術館に出かけられたときのエピソードも印象的でした。彼女は視野が非常に狭く、視力もとても弱いのですが、そのとき開催されていたモネ展をとても見たかったのだそうです。 白杖を持った彼女が絵の前に立ち、一生懸命観ていると、彼女には少し視力があるんだと分かった周囲の人たちが、サッと絵の真正面の場所を彼女のために空けてくれたと言うのです。次の絵に進むとまたその絵の真正面、一番良く見える場所を空けてくれ、そのように、彼女は周囲の人たちの優しい思いやりで、観たかったモネの絵を最後の一枚まで一番良く見える場所で鑑賞なさったそうです。

 私がカリフォルニアで1年間過ごしたのは18年前でしたが、街中で障害者を良く見かけました。車椅子にも日本でよりはるかに頻繁に出会ったものです。日本にも障害者はいっぱいいるはずなのに??なぜ日本では街中であまり見かけないのかな??と、単純な疑問を持ったものでした。

 当時、ミュージカルを見に出かけたことがありましたが、新鮮な驚きだったのは歌詞やせりふをとてもリズミカルに表現してくれる手話通訳の存在でした。特に歌を通訳するときはリズムに合わせ表情たっぷりに手話で歌ってくれるので、演奏の聞こえない人もどんなリズムなのかが分かり、歌をより楽しむことができるなあ、と感心したものでした。それに加えて幕の手前、舞台の上部にはテレビのテロップのように、電光掲示で歌詞やせりふが流れるのです。これには本当に驚かされました。この二重の通訳により、耳の不自由な人もストーリーの筋を追うこともできるし、十分にミュージカルを楽しめるな、と街に障害者の姿が多い理由の一つが分かったような気がしました。再度言います、18年前の話です。

 振り返って今の日本、障害者と健常者が共に生きるという考えは社会に浸透しているでしょうか?彼女は、六年間のアメリカ留学生活の中で、自分が今何をしたいのか、何ができて何ができないのか、今何を手伝って欲しいのかを周囲の人にうまく伝えることを徐々に身に付けていったとおっしゃいました。障害者が共に生きたいと願っても、健常者の側に共生を受け入れる体制ができていなければ、かみ合いません。

 健常者がもっともっと障害者に近づく努力をすること、障害者について学ぶことが必要だと思います。私も街で障害者に出会ったら、これまでよりももっと積極的に声を掛けてみようと思います。収穫大のトーク&コンサートでした。

 

  

| | コメント (6)

2007年4月 1日 (日)

胃カメラ初体験

上部消化管内視鏡検査

Icamera06  昨日胃カメラ検査を受けました。初体験です。普段胃腸は丈夫だと自信があり、胃の痛みなどよほど精神的に追い詰められたときくらいしか感じない私です。検査の結果重大な問題が発覚するとは予想しにくいので、かなり気楽に「はい受けます。」といったものの、ひとつだけ心配がありました。

 以前歯科治療の際、抜歯のための麻酔薬で2度ほどショック症状を起こしたことがあるのです。動悸が激しくなり、身体が小刻みに震え、血圧が低下するのです。主治医と相談した結果、麻酔は使うけれども分量を減らすことになり、承諾書も2枚提出しました。

 当日は興味津々、検査室に入りました。まず、胃の中の泡を消すためのシロップを(20ccくらいだった)飲み、麻酔薬(キシロカイン)は、数回に分けて喉にスプレーします。これです、私が歯科でショック症状を起こした原因の麻酔薬。『1回目は飲み込みますが、2回目からは喉によくしみ込ませてから吐き出してください』と指示されましたが、 私は、しみ込ませるという工程をはぶいて、すぐに吐き捨ててしまいました。

 胃の動きを抑える鎮痙薬・ブスコパン、緊張を和らげるための鎮静剤・ホリゾン(こちらは希望者だけ)の注射を受けて、検査用のベッドへ。

 ベッド横に設置されている胃カメラをパチリ。(画像中央にぶら下がっている黒いチューブがカメラです。)随分細くてこれなら大丈夫、と安心。カメラやチュウブを噛まないように、マウスピースをはめます。

 身体の左側を下にして横になった状態で検査は行われました。胃の中を膨らませるために空気を入れます。これでゲップをすると検査に時間がかかるといわれていましたが、コントロールできないまま2度ほどゲップが出てしまいました。

 カメラの挿入は意外に少しも辛くなくて、それより当人はショック症状が出ないかと心配していました。でもそれも無いらしくて、「麻酔薬のスプレーをすぐに吐き出したのがよかったのかな」と思いました。『十二指腸に潰瘍の痕がありますね。』などという検査医師の言葉を夢心地で聞いていました。

 意外に早く、多分10分くらいで検査は終了し、マウスピースが外されました。「組織の採取はなかったですね。」と確認し、ベッドを降りました。

 休息用のベッドに移動し横になりましたら、いつの間にか眠っていたようで、声をかけられたときには1時間が経過していました。血圧を測って頂きましたが平常と変わりありませんでした。 

 これで検査終了、後は次回の診察のときに主治医から詳しく説明を受けることになります。異常無しといわれれば、消化管に自信を持つことが出来ます。万一治療の必要があれば、早期発見ということで、いずれにしても、グズの私もたまには良い事をするなと、満足しながら帰宅しました。

| | コメント (2)