2007年11月 3日 (土)

秋たけなわの十和田湖、奥入瀬渓流

東北旅行(2007.10/22~24) その3(画像はクリックで拡大表示できます。)

Touhoku251  十和田湖、青森と秋田の県境に位置するカルデラ湖。遊覧船桟橋前広場の紅葉は、今が最も鮮やかなのではと思わせる美しさで、私たちを迎えてくれました。1時間弱の遊覧は水の美しさと湖岸の紅葉の美しさで私たちを魅了しました。

 前日まで何日か雨が降り続いていたというのに、この日はこの上ない秋晴れの青空が広がり、なんとラッキーなのでしょうと何度も幸運に感謝。

Touhoku206

Touhoku213Touhoku216 Touhoku225 Touhoku228Touhoku230  カエデやナナカマドなどの赤、ブナなどの黄色、そして針葉樹の緑が、絶妙のバランスで壮大な錦絵を描き上げているのです。ところどころに見られる断崖の岩肌もアクセントになっていて、どこを切り取っても絵になる大自然のマスターピース。空の色にも澄み切った空気が感じられます。

Touhoku233  午後は奥入瀬(おいらせ)渓流散策です。奥入瀬川は、十和田湖から流れ出る唯一の川で、奥に入るほど瀬(浅くて歩いて渡れるほどの流れ)が多くなるのでこの名が付けられたとか。観光シーズンなので、交通状況によってはバスから眺めるだけの観光になるかも、と事前に聞かされていたのですが、しっかり歩くことが出来ました。渓流に沿って、散策道があります。舗装されていない肥沃な土は、靴底をやわらかく心地よく受け止めてくれます。

Touhoku240Touhoku238Touhoku236 Touhoku244  ブナ、カエデなどの広葉樹が生い茂る森の中を流れる瀬は、時に小さな滝となったり、また崖から流れおちる水を集めたりしながら、ゆったりと流れていきます。森の地面を覆う青々と育つシダ類が木漏れ日に輝く様も、当に活き活きと生き続ける森の賛歌のごとく、美しく見えます。

 今回の旅は、駆け足ではありましたが、大自然の中に身を置くことの心地よさを満喫できた、贅沢な旅でした。自然の美しさ(:誠実さといっても良いのかも)に心奪われ、癒され、私にとっては心を洗う旅だったといえます。このような自然の姿も、ただ放っておいたのでは荒廃してしまうでしょう。自然保護のための様々な施策や努力をかさねてくださっていればこそと、行政や地元の方々の自然を大切にした暮らし方にも思いをはせました。どうぞ、50年先も100年先にもこの美しい自然が保たれております様。

| | コメント (7)

2007年10月26日 (金)

救急車

Towadako_0215  昨日(木)救急車で病院に行きました。月・火・水・と東北方面に旅行に行ってきました。楽しい旅行でしたが、私の体力には少しハードなスケジュールでしたので、水曜夜帰宅したときにはぐったりでした。でも昨日木曜日は、『すこやかサロン神原』の開催日です。12時過ぎから会場の自治会館に出かけ、準備会の皆さんと会場設定をしていました。

 だんだん具合が悪くなり嘔吐と下痢が始まりました。全部吐いてしまうと楽になるだろうと思っていましたが、もう胃液しか出なくなっても吐き気は治まりません。最初凄い発汗が続いた後、今度は悪寒に襲われました。不思議なことにだんだんと薄れていく意識の中で『下痢』は“diarrhea”『,吐き気』は“nausea”だったなぁ、などと英語が浮かんできたりしました。

 いつまでたっても症状が治まらないので、皆さんが心配して救急車を呼んでくださいました。病院では先ず問診・触診・血液検査を受けました。普段100前後の血圧が150台まで上がっており、参考値3800~8500の白血球数が13210まで上がっていました。

 悪寒が治まらないので電気毛布を掛けていただき、点滴を受けました。しばらくして落ち着いたので、飲み薬をいただいて昨日の内に帰宅でき、昨夜はぐっすり眠りました。 何か食べ物にあたったのかと思っていましたが、私と同じものを食べている次女は全く不調がなく、一緒に旅行した友達も元気ですので、おそらく疲れからの不調でしょう。

 今日は静かにしておこうと仕事もキャンセル、医師の指示通りおかゆを食べています。まだ下痢は残っていますが、吐き気は全くなくなりました。楽しかった旅行のレポートはもう少し落ち着いてからアップしようと思います。画像を一枚だけ添えておきます。十和田湖遊覧船から写したものです。拡大してご覧下さい。

 

| | コメント (4)

2007年8月31日 (金)

高知城と西瀬戸自動車道(瀬戸内しまなみ海道)

四国・土佐の高知へ(2007.8・11~14) その5 

078kouchijoukazutoyonotuma078kouchijou292  旅行も4日目の朝を迎えました。今日は家路に着かなければなりません。

ホテルをチェックアウトすると先ず高知城へ。相変わらず肌を刺すような日差しの下、木陰を選びながら天守閣を目指して少しずつ登ります。

 ここは、関が原の戦いで徳川家康に功績を認められた、山之内一豊が築いたお城。山之内一豊といえば、連鎖的に頭に浮かぶのが、『内助の功』で知られる妻の千代。その千代と、彼女が持参金(へそくり)の大枚十両を差し出して夫に買わせた駿馬の像が、堂々と建っていました。 千代が、楚々とした奥方風ではなく、がっちりと健康的で、顔も理知的であるところが、大変気に入りました。この像のそばの木陰で、土佐では『アイスクリン』という呼び方で売られているアイスクリームをなめながら、『内助の功』という言葉についてしばし思い巡らせたのでした。

 妻という立場の人には、現在でも家内・奥さんという呼び方が一般的に使われています。が、ほとんどの妻達は有職者で、家の中にいたり奥に引き込んでいたりはしていないのが現実です。内助の功という言葉が、誰かの働きを家族の誰かが陰で支えるという意味で使われるのなら賛成です。夫が妻を陰で支える内助の功があってもよいし、兄弟姉妹同士の内助の功があっても好いではありませんか。つまり、妻が夫を陰で支える、という意味に限定して使って欲しくないと思うのです。

 千代の場合、この馬の件だけでなく、その後も様々な局面で一豊に知恵を授けることも含め、多いに一豊を支えていたようです。千代のこの功績を、私は『才女の功』と名づけたいと結論したのでした。

 天守閣をはじめ本丸の御殿(懐徳館)、櫓(やぐら),門などが完全に残っているお城はここだけとか。400余年の風雪に耐えた雄姿は、そうと知ればなお更、お城マニアならずとも見とれてしまいます。本丸の玄関で頂いた冷たいお絞りのサービスに感動。天守閣の天辺から、しばし高知の町や遥かな山並みを眺めました。千代が眺めたのと同じなのはどこだろうと思いながら…。078kouchisimanami312 078kouchisimanami308
 行きを『瀬戸大橋』にしたので、帰りは『瀬戸内しまなみ海道』を。瀬戸大橋が大海原の上を走っていると感じられるのに対し、しまなみ海道は、どこを走っていても必ず遠景は山に囲まれていて水平線が見えません。なんだか湖の上を走っている感じを受けます。太古の昔、このコースは陸続きだったのかな。ご覧のように全く渋滞がなく、快適なドライヴでした。

 高知への旅は、ホエイルウワッチングが中止になったことと、何十年ぶりかで買った水着を、ボストンバックから出すチャンスがなかったことを除けば、満足度100%でした。旅の間中、私の体調を気遣ってくれた次女にも感謝。移動のペースも休憩の回数も、行動内容もすべて私の体調次第。こんなに快適な旅、今度はいつ出来るかな。

| | コメント (6)

2007年8月28日 (火)

本場のかつおのたたき

四国・土佐の高知へ(2007.8・11~14) その4 

 楽しみにしていたホエイルウワッチングが悪天候のため中止となりがっかりです。3日目はショッピングに。向かったのは須崎市、道の駅『かわうその里すさき』。

 かつおの生ぶしと四万十川の青海苔は必ず買おうと予定していましたが、来てみると美味しそうなお土産が沢山。随分買ってしまいました。

 売り場の一部で、かつおのたたきの実演販売コーナーがありました。目の前で捌いてわら火であぶり、焦げ目のついたかつおを氷水でジューッと冷やして出してくれます。いきいきで全く臭みがなく、やわらかくてとても美味でした。078kouchikatuo258
078kouchikatuo257 この日の海は陸から見る限りでは穏やかで荒れているふうには感じられなかったのですが、やはり沖に出ると状況は変るのでしょう。

078kouchi3262umi_2 078kouchi3281umi_2

| | コメント (4)

よさこい祭り画像

四国・土佐の高知へ(2007.8・11~14) その3

 それぞれの画像はクリックで拡大してご覧下さい。

078kohchi22yosakoi 078kohchi212yosakoi 078kohchi238daytimeyosakoi 078kohchi239daytimeyosakoi 078kohchi240daytimeyosakoi 078kohchi245daytimeyosakoi 078kohchi246daytimeyosakoi 078kohchi249daytimeyosakoi 078kohchi250daytimeyosakoi 078kohchi251daytimeyosakoi 078kohchi252daytimeyosakoi 078kohchi254daytimeyosakoi 078kohchi255daytimeyosakoi 078kohchi261daytimeyosakoi 078kohchi269daytimeyosakoi 078kohchi271daytimeyosakoi 078kohchi276daytimeyosakoi 078kohchi278daytimeyosakoi 078kohchi2812daytimeyosakoi 078kohchi285daytimeyosakoi 078kohchi286daytimeyosakoi 078kohchi288daytimeyosakoi 078kohchi291daytimeyosakoi 078kohchi2992daytimeyosakoi 078kohchi2100daytimeyosakoi

| | コメント (4)

2007年8月27日 (月)

南国高知へ

 四国・土佐の高知へ(2007.8・11~14)その1 

 娘の夏休みを利用した母娘の夏休み旅行、『どこにいても所詮暑い夏ならば、思い切って南へ行きましょう』と、高知のよさこい祭り見物にでかけることに。最初1泊しか取れなかった市内のホテルも、娘が毎日ネットでキャンセル空きをチェックしてくれたお陰で、3泊続けて取れました。ホエイルウワッチングも予約し、直前にあわただしく立てた計画としては上出来。

  呉ー西条ICー山陽自動車道ー瀬戸中央自動車道(瀬戸大橋)ー坂出ICと走り、四国へ。

078kouchi9

078kouchi7

 一般道・高速ともに心配した渋滞もなくスムースに流れます。瀬戸大橋は娘も私も初めてです。ゆったりとこんな景色のなか、どこかよその国を走っているような錯覚も起きます。途中橋がカーブしている場所で、自動車道の下の鉄道を走って来る電車と交差するのが見えました。瀬戸大橋ならではの光景です。

  坂出で一般道へ降り、プランの一つ、丸亀市内のうどん店へ。早朝5時45分に出発したけど、朝食は食べていなかったので、とても楽しみ。 

078kouchihidemi06udon078kouchi10retu 映画『UDON』 で全国的人気となった讃岐うどん、以来【讃岐うどんの食べ歩き】ブームは続いているようです。食べ歩きをするつもりはないので、1店だけ、少し田舎っぽい(場所も店構えも)セルフサービスの店、

“なかむらうどん店”を選びました。

 うどん店についた時点で9時を回ったところでした。驚いたことにもう駐車場がいっぱいでしばらく待ってやっと駐車、それから行列で又しばらく待つはめに。釜揚げうどんを水で しめたものに「特製だし醤油(つけだし)」をかけていただきます。浅めの丼にめんを入れてもらったら、薬味と天ぷらを自分で好きなだけ取ります。ナスやかき揚げなど実に様々な野菜中心の天ぷらに感動。

078kouchihidemi08udon078kouchi23fuji2  レジで代金を払うと、各自クーラーの効いた食堂(狭い)か、屋外のベンチ、へ移動して食べるのです。立ち食いの人もいます。食事というのは、こんなに押し合いへし合いせず、ゆったりとテーブルについて食べる方が落ち着いて味わえるというのが、私の中の常識だったのですが、ブームとは不思議な力を持っているものです。全国各地からやってきた人達に紛れ、30分も行列した挙句、狭い食堂の硬いいすに座って、肘をすぼめながら食べているこの状況そのものがとても楽しいのです。麺は手打ちでちょっと太め、腰のある歯ごたえで、特製だし醤油も美味しくて、この独特の食べ方をとても好きになりました。

 店から出て県道に乗ったところで、『讃岐富士』と呼ばれる飯野山がとてもきれいに見えます。角度によって形が少しづつ変りますが、多分この角度が一番美しいのでしょう。こんな山を毎日見ていれば少しは視力も快復するかも、と頭の隅でチラリ。

   078kouchi28078kouchi27

 次に善通寺を参拝することに。ここは、弘法大師が誕生の地に自ら建立したお寺として、また四国八十八ヶ所霊場の第七十七番札所として知られる所で、正式名称は“弘法大師御誕生総本山善通寺”というのだそうです。

078kouchi24hidemi_2  境内はとても広いのですが、歩いていると先ほどうどん店で一緒に行列を作っていた家族と出会いjました。お互い「好い旅を!」「好い一日を!」などと挨拶をして別れました。参門を潜ってすぐ左手に『お砂踏み道場』という標識がありました。ここは『四国八十八ヶ所お砂踏み』を行うところです。八十八ヶ所各霊場のご本尊がお祀りしてあり、それぞれのお寺の境内の砂が正面に敷かれているので、それを踏みながらお参りすると、八十八ヶ所すべてにお参りしたのと同じご利益が得られるというのです。信仰心の希薄な私、八十八ヶ所遍路なんて生涯行わないだろうと思い、「この際!」と早速500円を5円玉に替えてもらい(これはお賽銭用にちゃんと用意してあるのです)、一番札所から順に砂を踏みながら礼拝して回りました。ご利益を期待したわけではなく、信仰心からでもなく、ただイベントとして行ったのですが、すべてを回り終えたときなんだか爽やかな満足感がありました。

 さあ、いよいよ四国山脈を横断して一路高知へと向かいます。空気が澄み切っていて、車窓の外を流れる景色がとても鮮やかに見えます。陽光は容赦なくフロントグラス越しに膝に突き刺さるようです。もしや、この明度と気温の高さが景色をより鮮明に見せているのでしょうか。松枯れもほとんど見られず、青々と健康な山々に、何度となく「きれいだね~。」を繰り返す私たちでした。ここでも渋滞には遭遇せず、プランよりかなり早く高知に着きました。高知での4日間がスタートです。

| | コメント (5)

2007年1月 8日 (月)

娘からのお年玉ー3

香港旅行ー3

 1月2日、いよいよチェックアウトの日です。朝5時半起床で近くの公園に行くことにしました。実は、前夜ホテルのコンシェルジュに、太極拳の練習を見たいのだがと相談したところ、ヴィクトリアパークでは、体験レッスンができるけれども、ただ見るだけなら近くの香港パークでもやっている、との答えです。ちょうどその公園のそばにピークトラム(ヴィクトリアピークへの登山電車)の駅があるので好都合です。

Hk127Hk186_1Hk195  Hk198 Hk203

 まだうす暗い公園、おまけに広いので見れないかもしれないね、と言いながらうろうろしていると、公園の管理人らしき人がちょうどご出勤。尋ねてみると、「もう少し先でやっているよ。」と教えて下さいました。

 なるほど、10人くらいの人たちが集まってちょうどこれから始めるところでした。「見ててもいいですか?」と尋ねると、「見てるだけじゃなく一緒におやりなさいよ。」と勧めて下さり、私達は一番後ろで皆さんの真似をして1曲(?1番?)やって見ました。

 その後、リーダーらしき女性が、剣を持って行う太極拳を見せて下さいました。ヴィクトリアピークにも登りたいので、お礼を言って娘の用意していた、日本の鈴をリボンで束ねたマスコットを皆さんに差し上げて別れました。

 ピークトラムの乗車時間は15分ほどですが、登り始めるとだんだん外のビルが斜めに傾斜して見え、45度くらいの勾配ではないかと思ったほどです。(後でガイドを見ると27度でした。)

 早速、夜ならば100万ドルの夜景といわれている景色を 見晴らし台から眺めてみました。あいにく曇っていたのであまりよい写真が撮れませんでしたが、ほぼ満足。

 山頂のピークタワーは、まだ早朝なので営業しておらず、残念。

 降りて帰りに公園を通ると、太極拳の練習はまだ続いていました。先ほどの女性が、日本に親戚があるというので、名刺を交換、横浜にあるという親戚の中華料理店も教わって別れました。

 楽しい出会いとすばらしい景色、「早起きは三文の得」とはよく言ったものです。

Hk210Hk209   10時にチェックアウトし、またツアーの仲間と一緒です。空港に行く前に、免税店に連れて行かれたのですが、集合時間だけ確認して、さっさと店の外に。通りを歩いたほうが面白いに決まっていますから。

  ちょっと不気味な路地にも入ってみたり、名前の分からない熱々の揚げ菓子を買ったりして、最後の冒険を楽しみました。

 年の初めにこんな楽しい旅ができたので、今年も元気に頑張れそうです。豪華なお年玉をくれた娘に感謝。

| | コメント (4)

娘からのお年玉ー2

香港旅行ー2

Hk113Hk125Hk122 3日目は元旦でした。香港ではお正月ではないのに、日本人がいっぱいでホテルも観光地も大忙しです。部屋の窓から中庭を見下ろすと、プールで泳いでいる人もいました。気温は18℃くらいです。今日はオプショナルツアーをとらずに、一日自由に街を歩くつもりです。ホテルの朝食は洋食もありましたが、美味しいお粥など中華を堪能。

Hk821Hk137Hk818  娘があらかじめ調べておいた地元の人たちの買い物する市場へ2階建てトラムで出かけました。トラムの走っているビジネス街からちょっと入ると、狭くて坂道になった路地に露店がぎっしり並んでとても賑やかです。

Hk147Hk143Hk144   先ず、印鑑屋さんのブースがずらりと並んでいる路地で娘が2時間ほどで彫りあがるという印鑑を注文しました。それから、生鮮食料品を売っている露店の並ぶ路地をいくつもいくつも歩きました。珍しい野菜や果物、鮮魚などどんな味だろう、どうやって食べるのだろうと興味深々でしたが、もって帰るわけにいかないので眺めるだけ。

Hk150Hk148Lunpootan_t  食べ易いランプータン  とマンゴスチンを少し買って、食べながら歩きました。 露店商は比較的高齢の人が多いのだけど、とにかく賑やかで活気があります。買うはずの無い旅の私達にも笑顔で声をかけてくれます。

Hk151Hk826Hk828   香港島は平らなエリアが少なく、後ろの山に向かって坂になっています。中環(ヅォンワン)=下町と半山=中腹のマンション街を結ぶ、長い長いヒルサイド・エスカレーターがあります。エスカレーターが20基、動く歩道が3基、全長800メートル。

Hk834Hk170

Hk843   Hk840_1

 エスカレーターで登りながら眼下に見下ろす通りは、ひとつ登るごとに雰囲気が変り、だんだん上に登るとマンション、アパートが多くなります。

Hk851Hk799 終点の半山というところまで登ったので、歩いて降りることに。途中「香港動植物園」で一休みし、辺りを眺めながらゆっくりと下りました。

 石段の陽だまりに座って編み物をしているおばあちゃんに出会いました。「何を編んでいらっしゃるの?」と尋ねたら拡げて見せて下さいました。とても大きなセーターの身頃が大方できていました。「ご主人のですか?」「そうよ。」「ご主人喜ばれますね。」「ありがとう。」「いい一日を!」「いい一日を!」温かい出会いでした。

 途中で二つの結婚式に出くわしました。元旦に結婚するとラッキーなのかな?

Hk183

Hk166Hk167  スーパーには、中華のインスタント食品に混ざって、「出前一丁 」が売られていました。上の飾りはお正月用でしょうか、とてもカラフルでいかにも中国という感じです。

   

| | コメント (2)

2007年1月 7日 (日)

娘からのお年玉-1

香港旅行Hk03-1  Hk09 Hk042bokasi

暮からお正月にかけて、母娘で香港に旅行しました。娘からのお年玉です。広島空港からの直行便で、国内移動がほとんど無くて出国できるので楽です。

 4時間ほどで香港国際空港に到着。空港で現地係員の出迎えを受け、バスで市内へ。空港がランタオ島(香港島の西にある香港で一番大きな島)にあるので、市内までは少し時間がかかります。

 道中先ず感じたのは高層ビルが多いこと。東京都の約半分の面積に700万人近い人々がいるわけだから納得できる。そして大変活気があること。

Hk026 Hk526 Hk519  それぞれの泊まるホテルにチェックインだけ済ませ、バスで夕食に。初日の夕食は海鮮料理で有名な鯉魚門(レイユームン)で。ここには鮮魚屋さんがずらりと並び、生きのいい魚がピチピチはねています。

 本来の楽しみ方は自分の食べたい魚を買ってレストランに持ち込み、それを料理してもらうらしいのだけど、私達は団体なので鮮魚店は見て回っただけで、レストランに入りました。運ばれてくる料理はどれも食材の新鮮さが分かり、美味しくいただきました。

Hk608bokasi Hk48 Hk578

 夕食の後はオープントップバス(屋根の無い二階建てバス)で夜の繁華街を見物。天気さえ好ければ深夜まで賑わっているということで、9時10時は宵の口。香港の人たちが祝う旧正月まではまだ間があるので、街にはクリスマス用の電飾が花盛り。大掛かりなものが多く、見ごたえ十分です。

Hk670_1Hk656Hk58   九龍地区の旺角(ウォンコッ)というところにある「女人街」という露店がぎっしりと並ぶ通りでバスを降り、ショッピングを楽しみました。女性向けの衣類や雑貨がカラフルにあふれんばかりに並べられていました。香港一日目はあっという間に過ぎてしまいました。

 二日目も団体行動。まず嬉しかったのは朝食のお粥の美味しかったこと。日本で食べる淡白なお粥と違い、スープで炊き込んであるのでとても美味しい。鶏肉あるいは魚介類なども一緒に炊き込んであるのです。Hk727 Hk66 Hk88
 二階建てトラム乗車体験で回っていると建築中のビルには足場が竹で組んであります。どんなに大きなビルでも足場は竹です。

 かなり大型の古いアパートの屋上に、バラックのような家がいくつも乗っているのを見つけ、地震は無いというけど台風は大丈夫なのかなと思ったりしました。Hk115_1 Hk83 Hk87
 この日も翡翠市場、宝石店、シルク店、漢方薬店と、4箇所の買い物がコースに組まれていました。こんなに買い物ばかりする日本人を香港の人たちはどのように見ているのでしょう。二日目の最後は足つぼマッサージ。私は肩が凝っていたので、肩から腰のマッサージを受けました。少し肩が軽くなったみたいです。日本人向けのツアーには、この足つぼマッサージが組み込まれているものが多いみたいで、マッサージ師はとても忙しそうでした。

| | コメント (4)