2008年1月14日 (月)

結婚式2008

より個性的に

 Hirosi49
 弟の息子である甥の結婚式と披露宴に参列し、新郎新婦のアイディアでプロデュースされた楽しいプログラムにどっぷり浸かる一日を過ごしました。様々な儀式の慣習が時の流れに沿って徐々に変化していく中、結婚式もまた変化を続けていることを快く実感した一日でもありました。

 新生活のスタートをできるだけ自分たちらしくと工夫した若い二人のほほえましさが随所に感じられました。甥が学生時代茶道部に所属していたことも初めて知り、個性的なデザインのウエディングケーキの抹茶クリームに納得したり、新婦がお色直しのために退席している間、二人のお気に入りだという『スティッチ』の着ぐるみ姿でテーブルサービスに回るお茶目な甥のすがたにほほえんだり。そういえば、披露宴会場の前のホールでは、電気仕掛けのスティッチが2個、よちよちと歩き回っていたっけ。

 私がとても感動した初体験のプログラム二つ。一つは、両親とともに行ったケーキカットとファーストイートです。新郎新婦のケーキカットの後、両家の両親もケーキカット、そしてファーストイートは3つのカップルで同時に行われたのでした。子供の結婚に際して、大きな感慨に浸っているであろう両親、その両親に親としての感慨だけでなく、自分達の先輩の夫婦としての何十年もの歩みを振り返って欲しい、そしてここで新たに、揺るぎなき二人の夫婦愛を確認して欲しいとの思いでしょう。

 そしてもう一つは、新郎新婦より両家の祖父母に新家庭の報告とこれまでの感謝と長寿を願ってプレゼントが贈られたことでした。そういえば弟夫婦は田舎をとても大切にしてきました。私たちの両親はもう他界して久しいのですが、弟の連れ合いさんのお父様はご健在です。弟達夫婦は、甥達が小さい頃から頻繁に田舎を訪ね、季節ごとの農作業の手伝いも欠かさず続けています。そんな環境で育った甥達にとっては、祖父母の存在は一段と身近で大切なものなのでしょう。弟達夫婦の優しさが、甥達にも確実に受け継がれているのだと、とても嬉しく感じました。

 人生の大きなターニングポイントである結婚式、当事者の気持ちを大切にした、よりその人らしい祝宴ができることは嬉しいことです。できれば業者に頼らず、手作りの会ができればそれが理想ですが。

| | コメント (4)

2008年1月 3日 (木)

年明け

0708037wreathnewyear  珍しく長女夫婦が暮から帰省し一緒に迎える新年、体調に多少の不安はあるものの、まずまず恙無く2008年は明けました。いつもは仕事に多忙で、台所に立つことの少ない次女が、かいがいしく料理を担当してくれ、頼もしい限り。

0708039ujinaterminal081142  元旦の午後、宮島の厳島神社へ初詣。対岸から渡るには、駐車場が心配なので、宇品港から船に乗ることに。

 何十年ぶりかで渡った宮島、昔からそうでしたっけ?と、ことごとく角を切られている鹿たちを眺める。季節によっても混み具合によっても鹿たちの態度は違うのかもしれないけれども、とてもおとなしくて、参拝客の手に持つ食べ物やバッグなどに口を付ける鹿が余りいないようです。

0708041itukusima  人出は多いけれども空気はとても冷たく、日当たりの少ない回廊の屋根部分には雪がうっすらと残っており、神聖な雰囲気を盛り上げてくれています。海を隔てた対岸の山々は白く霞んでおり、雪が降っている模様です。

0708044noustage  参拝客の流れに添ってお参りを済ませ、幸運を占うおみくじを。運は自分で作るものと思っている私も買ってみました。開いてみると『末吉』、占いには全く依存しないと言いつつ、凶と出るより吉の方が、気持ちの良いものです。このおみくじの占いに負けない運を自分で切り開くぞと、密かに誓ってみました。

0811608117    広島に戻り、暗くなり始めた平和大通りへ、3日まで行われているドリミネーション見物に。テレビやインターネットではチェック済みだけど、近くても訪れるのは今回が初めて。使用電球数120万球、総延長2kmの光の祭典は、さすが見事で引き込まれてしまいます。周りの日常的な景色がほとんど見えない暗さの中で、光によって浮き上がってくるおとぎの世界・夢の世界、そしてこの3ヶ日が過ぎてしまうと消えてなくなるうたかたの世界だからこそ、しっかりじっくり楽しんでおかなければ。

081116Ana081121

081120 0811190708105dessert  ドリミネーションを堪能した後は、婿殿の提案とおごりで、全日空ホテル22階のレストランで、ドリミネーションを見下ろしながら豪華なディナーを頂きました。メニューがリッチで私にはちょっと多いかなと気になっていましたが、ゆっくりと1時間半掛けていただいたので、デザートに至るまでどのディッシュも楽しくおいしくいただけました。婿殿、どうもご馳走様でした。

 私の2008年は充実した豪華な元旦でスタートしました。

| | コメント (6)

2007年5月13日 (日)

送別会

5月12日

7_5_12_01_6_45   呉市シルバー人材センターの戎理事長が退職なさることになり、パソコンサポートクラブで送別会を行いました。

 戎理事長は、シルバー人材センターの職群に、ぜひともホワイトカラー部門の充実をと、その一つとして、パソコン講師グループを作ることに大変ご尽力下さった方です。

 講師の養成、パソコン指導事業のための環境整備など、様々な部分に力を入れて開拓して下さったお陰で、今年度から、専用の教室も出来て、延べ月10回以上のグループ講座が開けるまでになりました。

 戎理事長はご高齢ですが大変お若くて、ウォーキンググループにも所属していらっしゃり、 あんなふうに歳を重ねて行けたらと、グループ内でも憧れの存在です。退職後も私たちシルバーのお手本として、お元気で、前向きで、意欲的な日々をお過ごしいただきたいです。

 上の画像は、理事長への感謝の意をこめて焼いたケーキです。久しぶりに生クリームではなく、マジパン(アーモンドの粉と砂糖を練ったもの)でデコレーションしました。

7_5_12_05_6_45  当日午前中に行った、サポートクラブ自主学習会の様子です。毎月2回、スキルアップのために行っている学習会です。

| | コメント (2)

2007年3月22日 (木)

卒園式で

父兄という言葉

Gotosotuen14  今日は私の住む地区の保育所の卒園式に参列しました。園長さんは、私の子供達がお世話になった時から園長さんでした。かなりご高齢ですが、優しい眼差しときりりと引き締まった口元は、30年前と同じ。今日は18名の卒園児を送る日です。

 私の担当地区の子ども達も、名前を呼ばれると元気に返事をして、滞りなく卒園証書を受け取りました。元気いっぱい夢いっぱいの子供達を見ていると心和みます。

 ところが、式のスピーチ中、「父兄」という言葉を2度聞きました。そういえば昨年の中学校の卒業式でも聞いたことを思い出しました。

 家庭内で育児に携わっているのは主に母親であるにもかかわらず、まったく女性を含まない言葉である「父兄」「父兄会」というのは不自然かつ、女性差別です。この言葉は教育現場で、私が子どもだった頃は普通に使われていました。

 しかし、随分前にこの「父兄」という言葉は、「保護者」あるいは「父母」に言い換えるようになったと思っておりました。今もって公共の場で何の疑問も持たず使われていることに、私は驚かされたのです。

 さすがに、その言葉は教育関係者から発せられたものではありませんでしたが、女性から発せられたことで、とても残念な思いが頭の隅に残りました。

 はっきり女性を差別する言葉はほかの差別語同様、次々公平な言葉に言い換えるということが続き、さまざまな新語:公平語が使われるようになって来ました。

 例えば、女医→医師、婦女子→女性と子ども、老婆→○○歳の女性、亭主、主人→夫、処女作→第一作、デビュー作、看護婦→看護師…などという具合に。

 性差別だけでなくあらゆる差別用語は、それ自体で差別を表しているだけでなく、差別を擁護しまた助長するという働きもするのです。特に性差別の根っこは、深く掘り出しにくいものです。

 まず差別されている側の女性が、その差別構造をよく知り、一つひとつただして行こうとしない限り、社会は変らないよねと、思うのです。

 久しぶりに、もろさわようこさん、吉武輝子さん、寿岳章子さんなどの本を熱い気持ちで読んだ日々を思い出しました。

 

 

 

| | コメント (2)

2007年3月 7日 (水)

トイレの中で;あなたはどっち?

トイレットペーパーの話

Rollpaper05  公共の場所でトイレを使うときに、何時も考えてしまうことがあります。

 トイレットぺーパーを、写真のように三角に折ってあることがあります。 同じことは、我が家にお客さんがあって、お帰りになった後にも、しばしば起こります。

 これはもともと、次に使う人のことを考えて、この方が取りやすいという配慮から生まれた方法だと思います。

 でも私は左の方が好きです。なぜなら、私の知らないどなたかが丁寧に折りたたんでくれたものですが、その人は手がいくつあるでしょう。用を足すときに使った手より別の清潔な手で折ってくれたものではありませんよね。

 ならば作業手順を考えて、トイレに入ったならすぐに自分の必要分の紙をとり、きれいにたたんで、それから用を足したのでしょうか。それとも、用を足した後、一旦手を洗って、もう一度自分の使ったトイレに戻り、たたんだのでしょうか。

 あとの二つは考えにくいので、どう考えても用を足したその手で折りたたまれたものと解釈するのが一番妥当だと思います。

 私は別段潔癖症ではありませんが、上のように考えるので、トイレットペーパーの三角折りは好きではありません。画像のように二つ並んでいれば、左を使います。三角折りしかない場合はどうするか、三角の部分はちぎって捨てます。

 そして、次にトイレを使う人が、私が用を足した後で触った紙を使わなくてもよい様に、画像左のように、ちぎりっぱなしにしておきます。決して三角に折りたたむのが面倒だからでもなく、次の人が取りやすいかどうかを考慮していないのでもなく、次の人に清潔な紙を使って頂ける様にとの、私の思いやりなのです。

 さて、皆さんはどちらがお好きですか?

| | コメント (12)

2006年12月14日 (木)

今年の漢字一文字

 日本漢字能力検定協会が全国公募した『今年の漢字』。トップは『命』でしたね。2位『悠』、3位『生』でしたね。どれも今年の世相を良く表している漢字です。

 HNきゅうさんから、私の今年の漢字は『情』です。という書き込みを頂きました。 「いじめ、自殺など今年は嫌なニュース多かったですね。来年こそは人情に溢れた良い年にしたいですね」と、添えて下さいました。まったく同感です。

 私も考えてみました。応募するわけではないので、私個人の1年を振り返って。私個人の今年を漢字一文字にまとめれば『育』。

 今年は「呉市シルバー人材センター」のパソコン講師になりました。教えるということは、教わることでもあります。生徒さんに良く伝わる授業をするためには、講師はいくら準備をしてもし過ぎる事はありません。

 生徒さんの能力を育てるということは、取りも直さず私自身を育てることなのです。ありがたいことです。

 そして、この姿勢を来年以降も持ち続けたいと思っています。人は心掛けひとつで何歳になっても育つものだと信じたいのです。

 以下は自作のWORDテキストの一部。(クリックで拡大表示されます。)

Text_2  Text_3_1

| | コメント (2)